単純な生活

映画・音楽・読書について、だらだらと書いている

読書日記

『狂った一頁』を観る。そして、アマプラ凄いの巻。

▶ Amazon Primeで『狂った一頁』を観る。 1926年制作の日本映画。 衣笠貞之助監督のサイレント作品。 狂つた一頁 井上正夫 Amazon 日本で最初のアバンギャルド映画として、日本映画史の最初の方にかならず名前が出てくる作品である。 舞台は、とある精神病院…

『ブラインドスポッティング』を観る。そして、この世に存在する真実のひとつ。

▶『ブラインドスポッティング』を観る。 2018年制作のアメリカ映画。 ブラインドスポッティング(字幕版) ダヴィード・ディグス Amazon ちょっとした傑作だと思うのだが、残念なことに、日本でのほほんと生きているわたしには、その“傑作”の部分がいまいちち…

『独立愚連隊』を観る。そして久しぶりのドスト氏。

▶『独立愚連隊』を観る。 1959年制作の岡本喜八監督作品。 代表作のひとつ。 独立愚連隊 <東宝DVD名作セレクション> 佐藤允 Amazon 痛快娯楽戦争アクションかと思っていたら、ちょっと違った。 主演は、佐藤充(さとうまこと)。 共演が、三船敏郎、鶴田浩二…

岡本喜八がマイブームなのであるよ。そしてブックオフで2冊。

▶『侍』を観る。 1965年制作の岡本喜八監督作品。 侍 [DVD] 三船敏郎 Amazon 先日観た同監督の『斬る』とは違って、こちらは重厚な時代劇。 主演は三船敏郎。 そのほかに、小林桂樹、伊藤雄之助、松本幸四郎、新珠美千代、東野栄治郎、志村喬など、脇役が豪…

『AWAKE』(2019)を観る

▶『AWAKE』を観る。 2019年制作の日本映画。 AWAKE [Blu-ray] 発売日: 2021/03/24 メディア: Blu-ray AI将棋とプロ棋士の闘いを描いた作品。 ざっくりすぎる説明だけど。 いやあ、面白かった! 主人公の英一(吉沢亮)は現在大学生、AI研究部みたいなとこ…

『帰れない二人』(2018)を観る

▶『帰れない二人』を観る。 2018年制作の中国映画。 帰れない二人 [DVD] 発売日: 2020/05/29 メディア: DVD ジャン・ジャクー監督の最新作。 主演は中国の吉行和子(顔が似てると思うのだが)チャオ・タオ。 2000年から2017年までの中国を舞台に語られる愛の…

“燃え殻”の『すべて忘れてしまうから』を読む。

▶“燃え殻”の『すべて忘れてしまうから』を読む。 すべて忘れてしまうから 作者:燃え殻 発売日: 2020/07/29 メディア: Kindle版 “燃え殻”は、もちろんペンネーム。 ポジティブではなく、かと言って極端にネガティブでもないエッセイが50編。 1編が3頁。 各…

『セントルイス銀行強盗』(1959)を観る

▶『セントルイス銀行強盗』を観る。 1959年制作のアメリカ映画。 セントルイス銀行強盗(字幕版) 発売日: 2021/03/08 メディア: Prime Video いくら日本未公開だからって、邦題もっと頑張れよと思ったけど、原題もそんな感じだった “笑”(The Great St. Lou…

「アルプススタンドのはしの方」(2020)を観る。

▶『アルプススタンドのはしの方』を観る。 2020年制作の日本映画。 アルプススタンドのはしの方 発売日: 2020/12/23 メディア: Prime Video すごく良い! もともとは高校演劇の作品。 挫折した演劇部員の安田あすは、田宮ひかる、野球部をやめてしまった藤野…

「太陽系最後の日」と「最後の追跡」とチック・コリア

▶休日。 にもかかわらず5時起床。 早く起きても、これと言ってやることはなし。 チック・コリアの「Children's Songs」を聴きながら、珈琲を飲む。 Children's Songs: Touchstones Series (Dig) アーティスト:Corea, Chick 発売日: 2008/09/30 メディア: CD…

どうかしている(笑)

▶休日なのに、5時起床。 いつものように、かならず朝は来るな(笑)。 珈琲を飲みながら、Steve Forbert の「Early Morning Rain」を聴く。 Early Morning Rain -Digi- アーティスト:Forbert, Steve 発売日: 2020/05/01 メディア: CD 去年出た新作。 Gratef…

ぼんやりと映画、そしてツェツェバエ…

▶休日なのに、5時起床。 入眠まで時間がかかり、そして眠りが浅い。 起きて、ぼんやりと映画。 ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ Film Telecine Version [DVD] 発売日: 2012/11/30 メディア: DVD キューバの忘れられた老音楽家たちの人生と、その奇跡の復活を…

選択をまちがえた

▶通勤電車の中で、Andy Stott の「Too Many Voices」を聴く。 Too Many Voices アーティスト:Andy Stott 発売日: 2016/04/22 メディア: CD 選択をまちがえた。 すげー眠くなるやつ(笑)。 これから仕事ってときに聴く音楽ではない。 ミュージックビデオは、…

たいした痛手ではない

▶土曜日だが、出勤。 Justin Townes Earle の「Harlem River Blues」を聴きながら。 Harlem River Blues アーティスト:Earle, Justin Townes 発売日: 2010/09/14 メディア: CD 父親の Steve Earle より繊細な感じして好きだったんだけど、今年ドラッグの過剰…

気がつけば、ぼんやりしている…

▶“気がつけば本を読んでいる”と言うのが、私のブログのタイトルだが、さいきんは、“気がつけばぼんやりしている”ことが多い。 ブログのタイトルを変えないとだめかな? 10年間飼っていたウサギが亡くなる前、よく虚空の一点を見つめてぼんやりしていたのを思…

“怪奇小説”の名に恥じない怖さの短編

▶小川洋子の『匂いの収集』を読む。 平成怪奇小説傑作集2 (創元推理文庫) 発売日: 2019/09/28 メディア: 文庫 好アンソロジー『平成怪奇小説傑作集2』の冒頭に収録されている。 この著者の長編は、『猫を抱いて象と泳ぐ』(傑作!)や『ミーナの行進』など…

ヘミングウェイのキャンプ小説

▶ヘミングウェイの『二つの心臓の大きな川』を読む。 われらの時代・男だけの世界: ヘミングウェイ全短編 (新潮文庫) 作者:アーネスト ヘミングウェイ 発売日: 1995/10/01 メディア: 文庫 ヘミングウェイの第1短編集『われらの時代』の最後に置かれている作…

久しぶりにブログを書いてみる

▶約半年ぶりにブログを書いてみようと思って、PCの前に座ったのだが、これと言って書くことがない(笑)。 ▶今日は、仕事始め。年末年始の休みが8日もあったので、体が仕事についていけない。一日中ぼんやりしていた。 ▶先日読んだ本。 特別料理 (ハヤカ…

なぜ、みんなぼんやり生きないのだろう…。

4時半に起き、いつものように、ぼんやりと時間をやり過ごす。 ぼんやりしている暇があったら本でも開けばよさそうなもんだが、それだと「ぼんやり」していることにならないからな。 ん? なんかおかしなことを言ってるかな? ★★★ 電車の中で、Mari Jürjens…

ずっとぼんやりしていたいのだが……

朝4時頃に起きて、しばらくぼんやりする。 できれば、ずっとぼんやりしていたいのだが、そうもいかない。 ちっ。 電車の中で、Lilac Time の1stを聴く。 Lilac Time アーティスト: Lilac Time 出版社/メーカー: Universal UK 発売日: 2006/05/30 メディア:…

ずいぶんなジジイ感。

久しぶりの出勤。 歩くときも、腰をかばって前かがみである。 客観的に見ても、主観的にも、ずいぶんなジジイ感。 電車のなかで、Beatles。 『SGT. Pepper's Lonely Hearts Club Band』 SGT.PEPPER'S LONELY HE アーティスト: BEATLES 出版社/メーカー: EMI …

ようするに地味なのだ

10連休が終わり、出勤電車のなかで、レッド・ツェッペリンの『IV』。 久しぶりの仕事なので、ガツンとしたものを聴こうと思って。 Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION REMASTERED VINYL 2LP] [12 inch Analog] アーティスト: Led Zeppelin 出版社/メーカー: At…

世界文学史上最強の女性キャラ

朝、珈琲を飲みながら、ぼんやりと Herbie Mann の『Mississippi Gambler』(1972)を聴く。 ミシシッピー・ギャンブラー アーティスト: ハービー・マン,デヴィッド・ニューマン,ボビー・イーモンズ,ボビー・ウッド,レジー・ヤング,ジョン・クリストファー,マ…

全編、ひたすら暗い

朝、電車のなかで Bahamas の『Pink Strat』を聴く。 Pink Strat アーティスト: Bahamas 出版社/メーカー: Republic 発売日: 2011/05/17 メディア: CD クリック: 1回 この商品を含むブログを見る すこしゆっくりめのリズム。 ひきずるようなボーカル。 ゆっ…

はっは、そうかね(笑)

朝、出勤電車のなかで レッド・ツェッペリンの『III』。 レッド・ツェッペリンIII -限定Celebration Day Version- アーティスト: レッド・ツェッペリン 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン 発売日: 2012/11/28 メディア: CD この商品を含むブ…

夜に聴くべき音楽

出勤電車のなかで、Jeff Buckley の『You and I』を聴く。 You & I アーティスト: Jeff Buckley 出版社/メーカー: Sony 発売日: 2016/03/11 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る 冒頭の「Just Like a Woman」(もちろんディランの名曲のカヴァー…

なんか、気分的にすっきり

朝の電車のなかで、John Prine の『The Tree of Forgiveness』を聴く。 Tree Of Forgiveness アーティスト: John Prine 出版社/メーカー: Oh Boy 発売日: 2018/04/12 メディア: CD この商品を含むブログを見る ジャケットの顔(笑)。 そんじょそこらの爺さ…

膝の力が抜けました…。

出勤の電車のなかで Aaron Parks の『Invisible Cinema』。 Aaron Parks は、1983年生まれのアメリカのジャズ・ピアニスト。 さいきんよく聴いている。 これは、2008年発売のほぼデビュー・アルバム(これの10年前に1枚あるみたいだが…)。 とがったところ…

久しぶりにブログを書く

晴れているが、風が強い。 出勤。 いつもながら、職場に辿り着くまでが、いちばん辛い。 辿り着いてからも、そこそこしんどいのだが。 電車のなかで、Jesse Winchester の『A Resonable Amount of Trouble』を聴く。 A Reasonable Amount of Trouble アーテ…

渋い爺さんになりましたな

休日。 朝、4時に起床。 普段より休日のほうが起床時間が早いのは、日頃無駄にしている時間を、なんとか休みの日に取り返したいと思って、少し焦るからである。 まっ、たいして取り返せずに終わるのだが。 がっつり昼寝しちゃうし。 ▼ Robert Plant & Alison…