単純な生活 / 気がつけば本を読んでいる

読書日記、ときどきブックガイド、的な。

電車が直角に曲がることに感動する

 

2週にいちどの休日出勤。

土曜の早朝だというのに電車はそこそこ混んでいる。

東京って凄いな。

 

 

『脂肪の塊・ロンドリ姉妹 / モーパッサン傑作選』(光文社古典新訳文庫)を読み終わる。

 

 

 中編の「脂肪の塊」ほか、「聖水係の男」「ローズ」「雨傘」など全10編を収録。

「聖水係の男」はモーパッサンの最初期の名作。阿部昭が『短編小説礼賛』(岩波新書。1986年に出版され、ベストセラーになった。こういう本がベストセラーになるなんて、けっこう良い時代だったんだな)のなかで取り上げていた。

それにしても、「脂肪の塊」が完璧すぎて、他の作品の印象が薄い…。

 

 

 

 

The Marias の『Superclean Vol.I』と『Superclean Vol.II』を聴く。

 


The Marías - Superclean Vol. I (Full EP Listening Party)

 


The Marías - Superclean Vol. II (Full EP Listening Party)

 

フルアルバムは出さないのかなあ。

まあ、どちらのEPも純度が高いので満足なのだが。

 

 

 

油断してると(よく油断するのだが)ずーっと見ている。

 


【アメリカ】 シカゴの高架鉄道 Tジャンクション 電車の往来 Chicago 'L' The Loop T Junction  (2016.4)

 

電車が直角に曲がることに感動する。

この美しさは何だろう?

ずっと見ていたい。