単純な生活

映画・音楽・読書について、だらだらと書いている

『独立愚連隊』を観る。そして久しぶりのドスト氏。

 

▶『独立愚連隊』を観る。

1959年制作の岡本喜八監督作品。

 代表作のひとつ。

 

 

痛快娯楽戦争アクションかと思っていたら、ちょっと違った。

主演は、佐藤充(さとうまこと)。

共演が、三船敏郎鶴田浩二中丸忠雄雪村いづみと何気に豪華。

独立愚連隊と呼ばれるはぐれ者が集まった部隊で、見習い士官と慰安婦との心中事件が起きる。

それを佐藤充扮する口八丁手八丁の従軍記者荒木が調査していく。

心中事件にもなにやら裏がありそうだが、荒木という従軍記者もなんだか胡散臭い。

前半は、アクション映画と言うよりは、サスペンス映画にちかい。

 

ぜんたいのノリは西部劇である(岡持喜八は西部劇の大ファン)。

馬と拳銃、荒れ果てた大地と広い空、駅馬車のかわりが軍用トラックである。

敵と向かい合っての、1対1の果し合いもある。

弾切れの相手に向かって佐藤充が「待ってやるから弾をこめろ!こう言うのを暇つぶしって言うんだ」と楽しそうにニヤリと笑ったりする。

ラストは、サム・ペキンパーの『ワイルドバンチ』並みの大殺戮である。

そして、画面全体に戦争の虚しさが漂う…。

 

わたしが小学生くらいの頃(昭和40年代)、この映画はけっこうテレビで放映されていて、わたしも3度くらい観た記憶がある。

が、内容をまったく覚えていなかった。

作品にこめられたアイロニーと、戦争への静かな怒りを理解することは、小学生にはちょっと無理だったか。

映画はヒットして、続編も作られている。

 

 

 

▶ Nicolette Larson の『Nicolette』(1978)を聴く。

 

Nicolette

Nicolette

 

冒頭の「Lotta Love」が大ヒット。

 


www.youtube.com

 

懐かしい…。

人気があったのはセカンド・アルバムくらいまでで、その後失速。

のちにドラマーのラス・カンケルと結婚し、カントリー・シンガーとなる。

1997年に45歳の若さで病没。

 

 

 

▶ ドスト氏の『カラマーゾフの兄弟』を読み始める。

 

 

15年ぶり、3回目。

今回は、亀山郁夫訳で読んでみる(光文社古典新訳文庫)。

以前の2回は、いずれも新潮文庫原卓也訳で読んだ。

ん~、どうなんだ、亀山郁夫訳。

いまのところ微妙。

文章が軽くて読みやすいのだが、にもかかわらず情景がまったくこころに浮かんで来ない。

コクがないって言うか…。

ドストエフスキー独特の、アクみたいなものがきれいになくなっている感じがする。

もうしばらく読んで、物語りに乗れないようなら原卓也訳にもどそう。