単純な生活 / 気がつけば本を読んでいる

読書日記、ときどきブックガイド、的な。

ようするに地味なのだ

 

10連休が終わり、出勤電車のなかで、レッド・ツェッペリンの『IV』。

久しぶりの仕事なので、ガツンとしたものを聴こうと思って。

 

Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION REMASTERED VINYL 2LP] [12 inch Analog]

Led Zeppelin IV [DELUXE EDITION REMASTERED VINYL 2LP] [12 inch Analog]

 

 

1曲目の「Blac Dog」から、名曲「Stairway to Heaven」をはさんでラストの「When the Levee Breaks」まで、捨て曲が1曲もない。

いまさらながら凄いアルバムだなと思う。

 

 

★★★

 

 吉村昭の『敵討』(新潮文庫)を読む。

 

敵討 (新潮文庫)

敵討 (新潮文庫)

 

 

幕末から明治にかけて実際にあった敵討の話が2編。「敵討」と「最後の仇討」。

吉村昭歴史小説ケレン味がほぼゼロなので、声を張り上げる講談調の歴史小説を期待している人にはハードルが高い。

ようするに地味なのだ。事実以外は何も書かない。歴史そのままの歴史小説

しかし、それだからこそ、遠いむかしに生きた人たちの息吹が生々しく伝わってきたりもする。

 

明治維新を迎えてもなお両親の仇を討とうとする男の生涯を綴った「最後の仇討」が良い。

仇を討ったのちの、抜け殻のようになった男の人生に胸がしめつけられる。

幕末に武士として生まれ、幼少期に政争により両親を斬殺され、維新後に武士を捨ててからも犯人への復讐を胸に生きる。

本懐を遂げてからは、無期懲役囚として獄に入り、恩赦で外に出て、最後は饅頭屋の主人として死んでいる。

仇討ちを遂げてからあとの人生で、男がなにを思ったかを吉村昭は書いていない。記録が残ってないからだろう。

記録にないことを、想像で書く作家ではないのである。

しかし、事実を事実として書いているだけで、男の重い人生が読み手には伝わってくる。

 

 

★★★

 

 

たまにアクセス数がガンと跳ね上がっていて焦る。

ろくに更新してないので、やばい、早く書かなきゃと思ってしまう。

「読んだ本について何か書きたい」という欲求は、読書メーターですっかり満たされていて、このブログにわざわざ書くのが少し面倒になってきている。

さて、どうやってモチベーションを上げていくかな。

 

 

 

世界文学史上最強の女性キャラ

 

 

朝、珈琲を飲みながら、ぼんやりと Herbie Mann の『Mississippi Gambler』(1972)を聴く。

 

ミシシッピー・ギャンブラー

ミシシッピー・ギャンブラー

 

 

ハービー・マンは、アメリカのジャズ・フルート奏者。

フルートという弱音楽器でここまで出来るってのが凄い。

ラストの「サティスファクション」(もちろんストーンズのカヴァー)が素晴らしい!

 

 

★★★

 

 『風と共に去りぬ 第2巻』(新潮文庫)を読み終わる。

 

風と共に去りぬ 第2巻 (新潮文庫)

風と共に去りぬ 第2巻 (新潮文庫)

 

 

ついに南軍が敗れる。

南軍の敗残兵を目撃したあとのレット・バトラーがとった行動に胸が熱くなる。

これはもう浪花節ではないか。

 

それにしても、スカーレット・オハラのなんと強くて魅力的なことか。

世界文学史上最強の女性キャラだな。

彼女に対抗できるのは、『ミレニアム』のリスベット・サランデルくらいだろう。

“物語”を読むことの愉悦にどっぷりと浸りつつ、3巻へ。

 

 

★★★

 

 午後から、上野動物園へ。

家からは歩いて行ける距離なので、てくてく歩いて行く。

さすがに人でいっぱい。

親子連れとかカップルとか。

連休なめてた。

 

f:id:kitti55:20190429161252j:plain

 

池のほとりに佇むオオワシ

柵のないところで1羽、ぽつんと遠くを見ていた。

心なしか、背中に哀愁を感じる。

それにしても、柵がなくて逃げたりしないのかな。

 

f:id:kitti55:20190429145754j:plain

 

 変な木だ。

身もだえしているような…。

 

 

★★★

 

 

上野のTSUTAYAが閉店するとのこと。

店の前に貼り紙してあった。

TSUTAYA、どんどん閉店しているな。

まっ、いまやみんな配信だもんなあ。

 

 

全編、ひたすら暗い

 

朝、電車のなかで Bahamas の『Pink Strat』を聴く。

 

Pink Strat

Pink Strat

 

 

すこしゆっくりめのリズム。

ひきずるようなボーカル。

ゆったりと流れるメロディ。

こういうの好きだな。

ずっと聴いていたい。

 

 

★★★

 

 

鈴木地蔵の『文士の行蔵』(右文書院)を読む。

 

文士の行藏

文士の行藏

 

 

主に文学研究の同人誌「文遊」に発表された作家評伝をまとめたもの。

以前読んだ『市井作家列伝』(良い本!)の続編的な本である。

こんかいも取り上げてる作家は、地味な作家ばかりだ。

 

巻末に、作家索引があるが、上林暁、古木鐵太郎、渋川驍、古山高麗雄、嘉村磯多、などの名前がずらっと並んでいるのを眺めていると、地味目の作家がすきなわたしは嬉しくてめまいがしてくる。

が、(著者には申し訳ないが)万人にはすすめない。

好きなひとが、夜中にニヤニヤしながら読むべき本である。

 

 

★★★

 

 

 藤沢周平の『暁のひかり』(文春文庫)を読み終わる。

 

新装版 暁のひかり (文春文庫)

新装版 暁のひかり (文春文庫)

 

 

表題作のほか、「馬五郎焼身」「おふく」「穴熊」「しぶとい連中」「冬の潮」の全6編収録。

藤沢周平のデビューから5作目。出版は1976年。

当時、著者が抱えていた鬱屈は、5作目ではまだ晴れていない。全編、ひたすら暗い。

暗いが、ストーリーは無類に面白い。

しかし、「これ面白いよ」と誰かに気軽に薦められるような本ではないよなあ。

 

 

★★★

 

 

 29歳の若い同僚(アルバイト)に、何気なく「将来、何するの?」ときいたら、「今が将来なんですよ!」と返された。

ん? なんか、深いことを言ってるのかな?

 

はっは、そうかね(笑)

朝、出勤電車のなかで レッド・ツェッペリンの『III』。

 

 

冒頭の「移民の歌」を飛ばして聴く。

けっこう好きなアルバム。

 

 

★★★

 

 

私小説研究会編の『私小説ハンドブック』(勉誠出版)をパラパラと読む。

 

私小説ハンドブック

私小説ハンドブック

 

 

ドナルド・キーンや、リービ英雄本多秋五へのインタビューが面白い。

とくに本多秋五のおとぼけぶりが。

 

本多 「志賀直哉なんていうものは、自我小説だね、あれはね。」

編集「『暗夜行路』の前編はそうであると先生はお書きになっていますが、後編に至っては日本的私小説に傾斜しているという風にお書きになっていますね。

本多「はっは、そうかね(笑)」

 

「作家案内」の章では、109人の私小説家が紹介されているが、芥川龍之介森鴎外川端康成三島由紀夫とかも取り上げられていて、すこし首をひねる。

そりゃあ、それぞれ私小説っぽいものも書いてはいるが、わざわざ取り上げなくても、ほかにもっと取り上げるべきマイナーな作家がいたように思う。

 

 

★★★

 

 

現在、図書館から借りだしている本は、ぜんぶで30冊。

連休中にすべて読み終える予定なのだが、予定を予定通りに終わらせた経験がない…。

 

 

★★★

 

夜に聴くべき音楽

 

出勤電車のなかで、Jeff Buckley の『You and I』を聴く。

 

You & I

You & I

 

 

冒頭の「Just Like a Woman」(もちろんディランの名曲のカヴァー)が素晴らしい。

『バクダッド・カフェ』という映画で有名になった「Calling You」も歌っている。こちらも素晴らしい。

 

 

★★★

 

 

埴原一亟古本小説集』(山本善行・編 / 夏葉社)を読み終わる。

 

埴原一亟古本小説集

埴原一亟古本小説集

 

 

埴原一亟(ハニハラ・イチジョウ)、1907年生まれ。

1979年に亡くなるまで、誰に頼まれたでもない小説をぽつぽつと書き続ける。

芥川賞に3度ノミネートされるも何れも落選。

いまや忘れられた小説家である。

しかし良き編者を得て、ここにぷかりと1冊、文学史の水底から浮かび上がってきた。まずはそれを喜びたい(またすぐに沈んでいくとは思うが)。

「ある引揚者の生活」「塵埃」「十二階」「翌檜(あすなろ)」「生活の出発」「琵琶のころ」「かまりきの歌」の7編を収録。

いずれも私小説風だが、まったく私小説と言うわけではない。かなり創作の分部が入ってる感じだ。

どれも人生の日常を静かに語った作品ばかり。

心に染みてくる。

なんだか、渋くて美味しいお茶を飲んだような読後感。

 

 

★★★

 

 

Ketil Bjornstad & Svante Henryson の『Night Song』を聴く。

 

Night Song

Night Song

 

 

ピアノとチェロ。

シューベルトの音楽に魅了されたピアニストのKetil Bjornstad が、チェロの Henryson と組んで作り上げた傑作。

サティっぽくもある。

アルバムのタイトル通り夜に聴くべき音楽。

 

ECMは、ときおりとんでもない傑作をさらっと世に出すよなあ。

 

 

★★★

 

 

明日と明後日はお休み。

たまっている本を読みたいのだが…。

おそらく、ぼんやりしているうちに、気が付けば1日が終わっているような予感。

 

 

なんか、気分的にすっきり

 

朝の電車のなかで、John Prine の『The Tree of Forgiveness』を聴く。

 

Tree Of Forgiveness

Tree Of Forgiveness

 

 

ジャケットの顔(笑)。

そんじょそこらの爺さんの顔じゃないか。

そんじょそこらの爺さんじゃないけどね。

 

 

★★★

 

 

NTTを解約する。

プロバイダ(Biglobe)も解約。

なんか、気分的にすっきり。

支払料金も、少し安くなるし。

 

 

★★★

 

仕事場ちかくの枝。

上に伸びるべきか、下に伸びるべきが、かなり悩んでいる様子。

たぶんまだ結論が出ていない。

 

f:id:kitti55:20190413104603j:plain

 

 

★★★

 

 

夕食は、ちかくに出来たラーメン屋で。

黒味噌ラーメンなるものを食べる。

う~ん、さいきんのラーメンは味が濃いなあ。

若者向けってことですかね。

 

 

 

 

膝の力が抜けました…。

 

出勤の電車のなかで Aaron Parks の『Invisible Cinema』。

Aaron Parks は、1983年生まれのアメリカのジャズ・ピアニスト。

さいきんよく聴いている。

これは、2008年発売のほぼデビュー・アルバム(これの10年前に1枚あるみたいだが…)。

とがったところがなくて好き。

ぬるま湯にずっと使っている感じ(もちろん、良い意味で)。

年をとると、とがった音はいささかキツイのだ。

 

インヴィジブル・シネマ

インヴィジブル・シネマ

  • アーティスト: アーロン・パークス,マイク・モレーノ,マット・ペンマン,マイク・モレノ,エリック・ハーランド
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2014/08/13
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ECMから2枚出しているが、ECMから出すと、音がいかにもECMっぽくなるのがECMの凄いところだな。

 

 

★★★

 

 

職場のおばちゃんに、「休みの日は何してるの?」ときかれたので、「図書館とかよく行きますね」と答えた。

すると、「図書館? そんなところに何しに行くの?」と言われる。

膝の力が抜ける…。

 

 

★★★

 

 

仕事かえりに、近所で見かけたノラ(たぶん)。

近づいても気持ちよさそうに眠っていて、起きず。

くそっ、猫に生まれたかったな。

まあ、猫は猫でたいへんなんだろうけど。

 

f:id:kitti55:20190414105947j:plain

 

 

★★★