単純な生活

映画・音楽・読書について、だらだらと書いている

さいきんAmazon Prime で観て面白かった映画2本。そして世渡り上手な猫。

 

▶さいきんAmazon Primeで観て、面白かった映画2本。

 

1本目:『マイ・プレシャス・リスト

 

 


www.youtube.com

 

2016年制作のアメリカ映画。

主人公のキャリー(ベル・パウリー)は、IQ185の天才少女で、ハーバード大学飛び級で卒業し、いまはロンドンの父親から離れてマンハッタンでひとり暮らしをしている。

本だけが友達で、話し相手はセラピストのおっちゃん(父親の友人)のみ。

季節はクリスマス、街中のひとが誰かと夜を過ごしたくなる時期なのに、キャリーには友達も恋人もいない。

そこでセラピストが、ひとつのリストを彼女にわたす。

晦日までにキャリーがやるべきリストだ。

デートに行く、友達をつくる、誰かと大晦日を過ごす、ペットを飼う、子供の頃楽しんだことをする、大好きな本を読む、の6項目。

「一日中ベッドにいても幸せにはなれない」とセラピストに言われて、むかつきつつもそのリストを少しずつ実行していくキャリー…。

 

主演のベル・パウリーは、美人ではないけど魅力的。

ブコメ的要素も少しあって、観ていて楽しい。

こういうのは定期的に観たくなる。

汚れたこころを浄化する感じ?

 

 

2本目:『ヴィンセントが教えてくれたこと』

 

 

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

典型的な貧乏白人の老人ヴィンセント(ビル・マーレイ)の隣にシングル・マザーのマギー(メアリー・マッカーシー)とその息子オリヴァー(12歳の優等生)が引っ越してくる。

仕事で夜が遅いマギーからベビーシッターを頼まれたヴィンセント(ちゃんと金はとる)だったが、なにしろちょい悪ジジイなので、ギャンブルやバーでの振舞い方、喧嘩の仕方などろくなことを教えない。

でも、(こういう映画のお約束だが)年の差を越えて、徐々に仲よくなっていくふたり。

オリヴァーの目を通して、現代の聖人であるヴィンセントの真実の姿が描かれていく。

 

これも観ていて気持ちの良い映画だった。

グラン・トリノ』+『セント・オブ・ウーマン』って感じ。

あれほどヘビーなテーマ性はないが。

 

 

 

Deep Purple の『Machine Head』(1972)を聴く。

 

Machine Head

Machine Head

  • ディープ・パープル
  • ハードロック
  • ¥1324

 

さいしょに聴いたのは、たしか不良の久米くんの部屋だ。

シングルの「Highway Star」を聴いて、かっけー!とぶっ飛んだ。

その後、スケベな中西くんの部屋でこのアルバムを聴いたのではなかったかな。

ひさしぶりに聴き返したが、やっぱ、かっけー!

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

どちらの曲も、歌詞はむちゃくちゃくだらない。

訳詞を読んでがっくりきた記憶がある。

その反動で、わたしはボブ・ディランが好きになったのかも知れない。

 

 

 

▶ウチのちかくを徘徊しているノラ猫が何匹かいるのだが、そのうちの1匹がえらく太っている。

あの太り様はノラじゃないのかな?と思っていたのだが…今日、仕事帰りのOLらしきひとから餌をもらっているのを目撃してしまった。

わたしがニャーと声をかけても知らんぷりなのに、そのOLさんには、なんと自分から文字通り猫なで声を出して近づいて行ったのだ。

そしてチュールをぺろぺろ。

かなり世渡り上手な奴だな。

 

『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』を観る。そして、誰かに軽く叱られそうなこと。

 

▶『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』を観る。

2011年制作のフランス映画。

Amazon Primeで視聴。

 

 

娯楽映画の始祖、ジョルジュ・メリエスの生涯と、その代表作である『月世界旅行』のフィルム修復作業を追ったドキュメンタリー作品。

修復された着色版の『月世界旅行』も観ることができる。

 

1993年にスペインで着色版(フィルムをひとコマずつ手作業で着色した疑似カラー版)の『月世界旅行』が発見される。 

発見された時点でフィルムの劣化がはげしくバラバラの状態だったのだが、10年以上におよぶ修復作業を経てついに復元に成功。

その気の遠くなるような努力の過程は、観ていてホーッとため息をつくほど凄い。

 

月世界旅行』は、1902年に作られた世界最初のSF映画である。

天文学会の教授6人が砲弾型のロケットに乗りこみ、大砲で打ち出されて月へ向かう。

月では、月の住人とコウモリ傘で(!)闘い、再び砲弾型ロケットで、今度は地球の海に落下して帰還する。

アポロ計画ですね。

月についてからの天文学会会長(メリエスが演じている)の無双状態が面白くて、いつもニコニコしながら観てしまう。

通常のモノクロ版は、著作権フリーなので、YouTubeでいつでも観ることができるが、やはり着色版と比べると見劣りする。

着色版は、なんだかすごく可愛くなっていて、モノクロ版を観たひとも一見の価値ありである。

 

映画草創期の偉人、ジョルジュ・メリエスは、こんな顔をしている。

 

f:id:kitti55:20210621234305j:plain

 

 マーティン・スコセッシの『ヒューゴの不思議な発明』では、メリエスベン・キングズレーが演じていたけど、似てますね。

 

f:id:kitti55:20210622192021j:plain

 

 

 

竹内まりやの『Expression』(2008)を聴く。

 

 

ベスト版。

ブラジルでは、竹内まりやの「プラスティック・ラヴ」を知らない人はいない、という記事を読み、聴いてみた。

気恥ずかしくなるくらいシティポップ!

 


www.youtube.com

 

うしろで旦那がスゲー声張り上げてる…。

 

 

 

▶「観る」「聴く」「読む」「食う」「寝る」「賭ける」…この6個の単語でわたしの毎日、って言うか、わたしの人生は成り立っている。

これ以外のことはしてこなかった。

ん?「働く」が抜けてるが、間違ってはいない。

わたしの人生において、「働く」ことは常に苦痛いがいのなにものでもなかったのだ。

楽しいこと、自分の好きなことを仕事にしている時期もあったのだが、そのときですら、わたしにとって、「働く」ことは絶えられないほどの苦痛だった。

不労所得で生きていくことが、若いときからずっとわたしの理想なのだが、これってクズな発想なのかな?

誰かに軽く叱られそうだが。

とりあえず、妻には叱られ済である。

 

 

『ムンバイのバイオリン弾き』を観る。そして、「右に歩く」人たち。

 

▶ 『ムンバイのバイオリン弾き』を観る。

2016年制作のインド映画。

Netflix のオリジナル作品ではないが、いまのところNetflixでしか観れないみたい。

 

f:id:kitti55:20210620182952j:plain

 

主人公は、冴えないバイオリン弾き。

映画の劇伴録音が主な仕事である。

狭いアパートで妻と二人暮らし。

妻が出かけた後、食器を洗い、洗濯物をして、壁のゴキブリを叩き殺し、仕事へ出かける。

 

ちいさなスタジオでの仕事を終えて駅で電車を待っていると、向かいのホームにいる男が、じっとこちらを見ていることに気づく。

けして視線をはずそうとはせず、電車が来てもそれに乗ろうともせず、ただじっと見つめてくる…。

気味が悪くなった主人公は、売店の陰に隠れて様子をうかがう。

電車が通り過ぎたあと、謎の男の姿が消えたのでほっとしたのだが、こんどはいきなり目のまえに現われる。

そして、「わたしのところで仕事をしないか?」と誘ってくる。

提示されたギャラは、通常の2倍だ。

妻に相談しようと電話をかけるがつながらず、迷った末に男の誘いにのって一緒の電車に乗ることにする。

電車のなかで、仕事の内容についていろいろ質問するのだが、男は何ひとつまんぞくに答えようとしない。

怪しく、不穏な空気が漂う…。

ここまでで開始から約30分…事件らしい事件は起きず、いささか長いが、このあとラストまでは目が離せなくなり、息をつめて観てしまった。

あまりに意外な展開に驚く。

主人公の奏でるバイオリンが美しく哀しい。

ラストは、少し謎だが、奇妙な味が漂っていて悪くない。

 

全編70分と短い映画だけど、うーん、インド映画もここまで来たか…って感じの作品だった。

 

 

 

▶『ムンバイのバイオリン弾き』のなかで、ムンバイ駅のアナウンスが流れるんだけど、「ホームを移動するときは、線路を横切らずに階段をご利用ください」と言ってて、笑った。

インドに行ったひとはわかると思うが、かれらは平気で線路に飛び降りてホームを移動するのだ。

危険に対するハードルが、日本人と比べるとめちゃくちゃ低い。

 

 

 

▶「右に歩く」というモーションデータだけを使って、世界中の3Dアーティストが作品を作った。

それぞれ個性があって、面白い。

 


www.youtube.com

 

ディストピアっぽいものが多いなあ。

 

 

『狂った一頁』を観る。そして、アマプラ凄いの巻。

 

Amazon Primeで『狂った一頁』を観る。

1926年制作の日本映画。

衣笠貞之助監督のサイレント作品。

 

狂つた一頁

狂つた一頁

  • 井上正夫
Amazon

 

日本で最初のアバンギャルド映画として、日本映画史の最初の方にかならず名前が出てくる作品である。

舞台は、とある精神病院。

自らの虐待によって妻を発狂させてしまった男が、妻が入っている精神病院の小間使いとして働きながら、妻を見守り続けると言う話。

このストーリーを聞いただけで、なんだかこころがざわざわするが、映像を観るとさらにざわざわする。

 

冒頭の10分間、鉄格子のなかに入っている狂人が、キレッキレッのコンテンポラリーダンスを踊るシーンがあるのだが、ここがいま観ても凄い。

とても100年前の映像とは思えない。

この前衛に振り切ったまま最後まで行ってれば、さらに傑作になったと思うのだが、残念なことに“物語”が始まってしまう。

が、“物語”が始まりはするが、これがさっぱりわからないのだ。

いちおう予備知識があるので、だいたいの筋はわかるが、それでも意味不明なシーンがてんこ盛りである。

廊下をいきなり猫が走っていったり、庭らしきところを犬が駆け、追いかける少年が転んだり…なんだこれ?

 

意味が分からない原因のひとつは、サイレント映画なのにもかかわらず字幕がないことである。

当初はあったらしいのだが、発案者のひとりでもある横光利一(とうじイケイケの前衛小説家)が字幕をなくせと言ったらしい(困ったひとだな)。

そのせいで、物語りの筋がわかりづらくなっているのだ、って言うか、まるでわからないのだ。

映像技法的には、フラッシュバックや多重露光、明暗の強調、オーバラップ、明滅するほどの素早いショット繋ぎなど、持っている技術をすべて使った感じで、そういうところは今観ると逆に素人臭く感じたりもする。

 

夫を演じる男優と、妻を演じている女優の狂ったような目つきが、めちゃくちゃ怖い。

リングの貞子の百倍くらい怖い。

 

ちなみに脚本は、日本を代表する変態作家の川端康成である。

紹介しておいて言うのもなんだけど、観なくてよいです “笑”。

 

 

 

▶ クラシック映画が好きなひとには、アマプラは最高である。

Netflix や Hulu など、動画配信サイトはたくさんあるけれど、古典的な映画が好きな人が、どれかひとつに入るとするなら、アマプラ一択だろう。

まさか、『狂った一頁』のような映画が、ネットで観れるとは思わなかった。

まあ、著作権フリーになっているので、YouTubeで観れないことはないのだが、YouTubeは、画質と音質に難があるのだ。

 

 

 

Keith Jarrett の『Restration Ruin』(1968)を聴く。

 

 

キース、唯一のヴォーカル・アルバム。

下手だ “笑”。

ヘタウマとかでもなく、ただ下手なんだよなあ…。

嫌いにはなれないけど。

 

 

 

▶ 『岡本喜八の全映画 / 小林淳』を読む。

 

岡本喜八の全映画

岡本喜八の全映画

  • 作者:小林 淳
  • アルファベータブックス
Amazon

 

岡本喜八が、生涯に撮った作品は39本。

半分観ていないなあ。

東宝の岡本監督が大映の『座頭市と用心棒』を撮ったとき、とうじ大映映画のヌシ的存在だった宮川一夫カメラマンの意見をまったく取り入れなかったというエピソードは、なにげにかっこい良いな。

 

 

 

 

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』を観る。そして、ワルの好きなバンド。

 

▶ 『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』を観る。

 2018年制作のロシア映画

 

 

 (めちゃくちゃ雑な感想になるが)ちょー面白かった!

 

1941年、独ソ戦での実話が元になっているそうな。

主人公は、ソ連の陸軍少尉イヴシュキン。

戦車での戦闘で負けてドイツ軍の捕虜となったイヴシュキン。

やる気なく毎日を過ごしていたイヴシュキンだが、ある日、ドイツ軍の模擬演習でソ連製の戦車T-34に乗って指揮を執るように命令される。

実弾は支給されず、ただ的になるだけである。

捕虜の中からクルーを選抜したかれは、千載一遇のチャンスにすべてを賭けて、戦車での脱走を試みる…。

追ってくるのは、ドイツの精鋭戦車部隊。

果たして、イヴシュキンたちは逃げ切れるのか…?

 

戦車での脱走→追って来るドイツ戦車部隊→とある村での戦車対決、と物語はストレートに進む。

どこにも寄り道はしない。

戦車同士の対決が、力業だけではなく頭脳戦でもあり、手に汗握る面白さだ。

ラブロマンスもあるが、邪魔にはなっていない。

 

ロシア本国で大ヒット。

監督が編集しなおした「最強ディレクターズ・カット版」というのも出ていて、そちらは1時間以上長い。

 

ちなみに、元版の映画がある。

 

鬼戦車T-34 [DVD]

鬼戦車T-34 [DVD]

  • ヴャチェスラフ・グレンコフ
Amazon

 

戦車での脱走までは同じだが、こちらはT-34がひたすら爆走するらしい。

戦車同士の対決はないみたい。

戦車を使ってのロードムービーか?

それにしても “鬼戦車”ってネーミングが凄いな。

 

 

 

Thin Lizzy の『Shades Of A Blue Orphanage』(1972)を聴く。

 

 

中学の頃、不良の久米くんが「タマルレコード店」からパクってきたのがこのアルバムで、久米くんの家で聴いた。

いま聴くとそうでもないけど、とうじは「さすがワルの好きなバンドはハードやわあ」と思った。

ジャケット好き。

 

 

 

▶図書館に珍しいDVDがけっこうあると言うことがわかり、ちょっとワクワクしている。

しかし、「ハムナプトラ3」とか買う予算があるなら、もっと買うべき作品は他にあるだろうに、とも思う。

 

 

 

▶オリンピック、ほんとうにやるんだろうか?

日ごとに、“なにかの罰ゲーム”感が増しているのだが。

 

『コロンバス』を観る。そして、「パイド・パイパー・ハウス」の想い出。

 

▶『コロンバス』を観る。

2017年制作のアメリカ映画。

 

 


www.youtube.com

 

舞台はインディアナ州コロンバス。

翻訳を生業としてソウルで暮らす韓国系アメリカ人のジン(ジョン・チョー)は、高名な建築学者である父親が好演ツアー中に倒れたとの報せを受けて、モダニズム建築が点在することで有名な都市コロンバスを訪れる。

父親との確執を抱えるジンは、はやくソウルに帰りたいのだが、父親の意識が戻らないため、しばらくコロンバスに滞在することになる。

そこで、地元の図書館で働く女性ケイシー(ヘイリー・ルー・リチャードソン)と偶然知り合う。

ケイシーは、建築学の道へ進むことを夢に見てはいるが、薬物依存の母親の介護を理由に、新しい一歩を踏み出せずにいた。

美しい建築をふたりで見て歩き、それぞれの人生を語り合ううちに、ふたりのこころに変化が現れる…。

 

小津安二郎へのオマージュにあふれた作品。

固定カメラ、美しい線対称の構図、ときおり挟み込まれる町の風景、赤い小物…。

物語は静謐さにあふれていて、観る者のこころに静かにしみ込んでくる。

映画ではないが、似た感じの作品として、松家仁之の小説『火山のふもとで』を思い出した。

 

しかしねぇ(ここからは、少しだらだらと書くが)…。

こういうオマージュ系の映画は、元ネタの作品を観てないと面白さが十分には伝わらない気がする。

赤い小物が出て来たからといって、小津安二郎のカラー作品を観てないと「おっ」とはならないし。

で、(もんだいはここからなんだが)「おっ」となったらなったで、それを言うと少しうざい感じが漂う。

わたし、何気に小津知ってますから、みたいな。

少し前に町山智浩(映画評論家)が、娘といっしょにTVドラマの「ドラゴン桜」を見ていたとき、なにかのシーンで「おお! マッドマックスへのオマージュじゃん!」みたいなことを叫んだら、娘さんに「パパ、そう言うのいいから」って言われて、少し凹んだとツイートしていて笑ったのだが、多くの映画ブログが、これと似たことをしている感じもするのである。

知識のひけらかし感と言うか。

そういう「ウザさ」の罠は、こういうオマージュ系の映画にはたくさんちりばめられていて、気をつけないと、かんたんに罠にはまってしまう(作っている側は、もちろん罠だなんて思ってないだろうが)。

とくに小津安二郎とかは、やばいよね。

世界中のいろんな監督が(カウリスマキとかヴェンダースとか、ときにはタランティーノですら)さりげなく、あるいは確信犯的に小津的画面を入れて来たりするので、油断ができない。

それに気づいたときに、何も考えずに「このシーンは、小津やね」とかやっちゃうとウザがられる。

でも、言いたい気持ちもわかる。

少し前の行で、「世界中のいろんな監督が小津的画面を入れてくる」と書いたが、これすら、知識のひけらかしだったりするのである。

「わたし、小津的画面に気づいちゃってるもんね」ってことを言いたいわけだね、わたしは。

うーん、生半可な知識を持った映画ファンは、すげー面倒くせーな “笑”。

 

 

 

▶ Larry Lee の『Marooned』(1982) を聴く。

 

Marooned

Marooned

  • ラリー・リー
  • ポップ
  • ¥1833

 

1980年代AORの名盤のひとつ。

ソロがこれしかないので、一発屋あつかいしているブログを読んだことがあるが、The Ozark Moutain Daredevils の名曲「Jackie Blue」の作者でもあるので、一発屋ってわけではない。

 


www.youtube.com

 

日本では、この映画につかわれて、そこそこヒット。

 


www.youtube.com

 

むかしむかし、南青山というクソお洒落な街に「パイド・パイパー・ハウス」という、それはそれはお洒落かつ尖がった輸入盤屋があって、初めて(こわごわと)店に足を踏み入れたときに買ったのが、このアルバムだった。

とうじ中央線沿線の荻窪という街に住んでいたわたしにとって、南青山というのは異質な文化圏で、一言で言うと「肌に合わない」感じがして、二度と足を運ばなかった。

このアルバムを聴き返すたびに、「パイド・パイパー・ハウス」に入った瞬間の、「場違いなところに来てしまった…」感を思い出して、少し動揺する。

 

 

 

▶ 沢田英男彫刻作品集『かたわらに』を、ぱらぱらと眺める。

 

 

f:id:kitti55:20210616205546j:plain

f:id:kitti55:20210616205619j:plain

 

良いなあ。

ひとつ欲しいが、お高いんでしょうねぇ。

 

 

『ブラインドスポッティング』を観る。そして、この世に存在する真実のひとつ。

 

▶『ブラインドスポッティング』を観る。

2018年制作のアメリカ映画。

 

 

ちょっとした傑作だと思うのだが、残念なことに、日本でのほほんと生きているわたしには、その“傑作”の部分がいまいちちゃんとは伝わってこないのだった。

 


www.youtube.com

 

BLMもんだいを扱っているので、テーマは重い。

日本で暮らしていると、銃を向けられることなど、普通のひとは一生ないことだし、警官に撃たれることなんて想像もできない。

そういう、日本人が想像できない日常を過ごしている人間の想いなど、なかなか実感はできない。

まっ、そういう想像もできない現実を、なんとか想像させてくれるのが映画の素晴らしさでもあるわけだが、しかし、「ほんとうにわかっていないもどかしさ」みたいなものを感じてしまうのだ。

 

冒頭、マイルズが「Kwik Way」というオークランドに拠点を置くファーストフード・チェーンのバーガーについて、あれこれ文句を言うシーンがあるが(あとで彼が銃をぶっ放す事件への伏線になっている)、ああ言うのもいまいちわからない。

アメリカのひとは、たぶんあそこで笑うんだろうなぁ、とは思うのだが。

日本人に「小諸そばでカレーなんか食うなよ。カレー食いたいなら富士そば行け」と言ったとしたら、ある種の冗談として通用すると思うが、外国のひとにそれを言っても冗談としては伝わらないだろう。

そんな感じ(どんな感じだよ)。

そういう、痒いところに手が届かない感じが、映画を観ているあいだずっとあった。

 

重いテーマを扱いながら、タッチは軽く、そのバランスが絶妙。

すごく良い映画だと思うが…うーん、なんかもどかしい。

それにしても、二人とも良い顔してるね。

 

 

 

諏訪内晶子の『バッハ:ヴァイオリン・コンチェルト』を聴く。

 

Bach: Violin Concertos 1 & 2

Bach: Violin Concertos 1 & 2

 

むかし買ったCD。

ええ、もちろんジャケ買いですとも。

 

f:id:kitti55:20210613230917j:plain

 

 

 

▶ドスト氏の『カラマーゾフの兄弟』を順調に読み進めている。

が、なぜか思ったよりページが進まない。

気持ち良く読んでいても、ほとんどページが進まない、と言うのはドスト氏あるあるなのかも知れない。

まわりにドスト氏を読んでるひとなど、ひとりもいないので確かめようがないことだが。

 

 

 

▶夏競馬は、ムズい。

この世に存在する真実のひとつだ。